Top >  異型狭心症 >  異型狭心症とは?

異型狭心症とは?

狭心症は、症状別や発症の誘引別などで分けられ、さまざまなタイプの狭心症があります、その分類のなかに、異型狭心症というものがあります、異型狭心症とはどういった狭心症なのでしょうか?

異型狭心症とは、冠攣縮性狭心症の一種で、心電図で心臓の動きを検査したとき、心電図にあらわれる波形のST波が上昇している狭心症のことをいいます。





異型狭心症は、日本人に多く発症する狭心症といわれています、異型狭心症とは、仕事をしたり、運動をしたりなど、身体を動かしているときではなく、就寝している夜中から早朝にかけて、狭心症の症状があらわれるという特徴があります。

異型狭心症は、発作が起きると心筋梗塞の発作のときにあらわれる心電図の波形と似たような波形を示すといわれています。

心電図での検査の弱点は、検査を受けている間の心臓の波形でしか診断できないということです、検査時の心電図の波形に異常が見つかれば、その波形によって、心臓の何らかの疾患と診断されますが、検査時に心臓の動きが正常であれば、なかなか心臓の疾患が心電図の波形からは見つけられないときもあります。

異型狭心症は、発作が起きる時間帯が、夜中から早朝にかけて多いことから、通常の心電図では、なかなか診断されにくいといわれています。

そのため、異型狭心症の診断には、ホルター心電図と呼ばれる、携帯型の24時間装着して心臓の波形を測定できる心電図が用いられることもあります。

異型狭心症は、発作中に不整脈を起こしたり、急性心筋梗塞を発症したり、急変すると命に関わる症状まで悪化してしまうことがある狭心症です。

異型狭心症と診断されたら、すみやかに適切な治療を受ける必要があります、異型狭心症の明け方から早朝にかけて発作が起こりやすいという特徴的な症状を自覚したら、すぐに循環器科の専門医を受診することをおすすめします。


スポンサードリンク


その他異型の情報

カテーテル手術の費用

手術をうける際に気になるのが医療費です。
狭心症でおこなわれるカテーテル治療の費用はどのくらいなのでしょうか?
また保険は適用されるのでしょうか?


微小血管狭心症とは?症状と治療

微小血管狭心症は、心筋(心臓の筋肉)中の細い血管が異常に収縮することによって起こる狭心症です。
40代後半から50代の更年期女性に多くみられ、患者の男女比が大きいのが特徴です。


狭心症の原因とは?
悪化すると心筋梗塞を発症するおそれのある恐ろしい病気、狭心症の原因とはいったいどういうものなのでしょうか?

狭心症の原因として、冠状動脈の動脈硬化が挙げられます、冠状動脈が動脈硬化を起こすことにより、心臓への血流が悪くなります。

狭心症とは?狭心症の症状はどういうもの?
狭心症とは、心臓の病気のひとつです。

狭心症は、冠状動脈という心筋に酸素を供給する働きをしている動脈が狭くなることで、心臓への血液の流れが悪くなり、心臓へ送られる酸素や栄養の量が平常時よりも少なくなることによって発症します。

狭心症を予防するにはどうすればいいの?
狭心症を予防するには、どういったことに気をつければいいのでしょうか?

狭心症の原因は冠状動脈の動脈硬化ですから、動脈硬化にならないように気をつけることが、狭心症を予防する一番有効な方法といえます。

動脈硬化は、血液中のコレステロール値が高い、中性脂肪が多いなどの高脂血症や高血圧や、日常的な喫煙などが原因といわれています。

狭心症と食事の関係
狭心症を発症する原因として、動脈硬化が挙げられます、そして動脈硬化は血液中のコレステロール値が高いことや、中性脂肪の値が高いことが原因といわれています。

狭心症の分類について
狭心症は、狭心症の発作が起りかたや、発作を起こす誘因となるものによって、いくつかに分類されます。

まず、狭心症を発作の起こり方によって分類してみましょう、狭心症の発作の起こり方としては、平常時に発作が起きることはなく、ある一定以上の負荷身体にかかると発作が起こる場合は、安定狭心症という狭心症に分類されます。

不安定狭心症とは?
不安定狭心症とは、狭心症の発作が起こる時間帯や状態が特に決まっていないため、たとえば日中に発作が起きたり、就寝中に発作が起きたりする場合があります。

運動時に発作が起こりやすいなど、発作が起きる状態が定まっていないため、不安定狭心症は、自分自身で狭心症の発作を防ぐよう気をつけたり、コントロールしたりすることができません。

安静時狭心症とは?
安静時狭心症とは、名前が示すとおり、安静にしている状態で発作が起きるという特徴のある狭心症です。

安静時狭心症には、大きく、冠動脈の狭窄がある狭心症と、冠動脈の狭窄がない狭心症に分けられます。

狭心症の心電図検査とは?
狭心症が疑われる場合、心臓の状態を調べるために、心電図をとります。

狭心症の発作が起きている時間は、短くて数十秒、長くても15分程度といわれています、狭心症の場合は、発作が起きているときは心電図に異常が現れても、発作が治まると、心電図の波形も、正常な心臓の状態とほとんど変わらない波形を示すことが多いといわれています。

心筋梗塞と狭心症の関係
心筋梗塞と狭心症は、ともに心臓にあらわれる疾患です、心筋梗塞と狭心症は総称して、虚血性心臓疾患とも呼ばれています。

心筋梗塞と狭心症は、動脈硬化が原因で、冠動脈の血液の流れが悪くなることによって発症します。

狭心症の治療に用いられる薬とは?
狭心症の治療に用いられる薬は、狭心症の種類によって異なります。

あらゆる狭心症に共通して使用される薬としては、抗血小板剤といわれる、血小板の凝縮を抑制し、血管内に血栓ができないよう作用する薬が用いられます。

また、硝酸薬の一種である、ニトログリセリンは、血管を拡張させる作業があるため、狭心症には欠かせない薬として有名です。

狭心症にはどのような治療が行われるの?
狭心症には発作を起こす原因や誘因によって、治療法が異なり、使用する薬も違ってきます、ここでは、狭心症の基本となる治療法について述べたいと思います。

まず、狭心症の治療で用いられるのは、薬物治療です、狭心症は、動脈硬化により冠動脈の血液の流れが悪くなっていることが大きく影響しています。

狭心症におけるカテーテル治療
狭心症の治療として行われるカテーテル治療とは、手首や足首などの動脈からカテーテルを挿入し、冠動脈内の狭窄部位を広げるという治療法です。

狭心症における手術について
狭心症の症状が悪化している場合や、冠動脈内の狭窄部位が複数箇所にわたっている場合、または、カテーテルの挿入が難しい部位に狭窄がある場合などには、外科手術により、狭心症の治療が行われることがあります。


異型狭心症

この病気の中でも、ちょっと変わったタイプの病気があるのをご存じでしょうか??

関連エントリー

異型狭心症とは?